丹羽鋳造株式会社

会社案内

沿革

昭和35年 (1960)1月合資会社丹羽鋳造所創設
木工機部品等の鋳物の製造を始める
昭和39年 (1964)5月資本金を300万円として丹羽鋳造株式会社に
組織及名称を変更
昭和41年 (1966)7月資本金を500万円に増資
昭和44年 (1969)4月新工場増築 ジョルトマシン2台を新設 
8月2.5[t/h] 水冷キュポラ新設
11月資本金を750万円に増資
昭和49年 (1974)9月BSM-2016ブロマチック
高速生型自動造形ライン新設
11月資本金を1,800万円に増資
昭和56年 (1981)9月資本金を2,800万円に増資
昭和59年 (1984)1月仕上げ、検査、出荷センターを増築
昭和60年 (1985)3月2.5[t/h]熱風水冷キュポラに変更
昭和61年 (1986)6月BSM-2016ブロマチック
高速生型自動造形ラインを増設
昭和63年 (1989)8月キュポラ用集塵装置を設置
11月砂冷却用サンドコンディショナーを新設
平成元年 (1988)8月ITB33型ショット並びに製品冷却ラインを新設
11月2.5[t/h]から3.0[t/h]へキュポラ熔解帯取替え
平成02年 (1989)8月BSMライン撤去
AMFW-055生型高速自動造型機新設
12月自動バリ取り機導入
平成03年 (1990)3月30t万能材料試験機新設
平成04年 (1991)12月製品バラシ用DIDION新設
平成05年 (1992)12月生型砂用全自動砂混練機アイリッヒDE22導入
平成07年 (1994)6月CNC自動エアーブラスト新設
平成08年 (1995)5月高周波電気炉2t 2基導入 発光分析装置導入
平成09年 (1996)9月自動注湯機導入
平成11年 (1999)3月オフコン更新、パソコンネットワーク化
平成12年 (2000)7月各務原工場操業開始 基準面加工スタート
平成13年 (2001)1月AMFW-055生型高速自動造型機更新
平成14年 (2002)12月ISO9001:2000認証取得
平成15年 (2003)2月自動バリ取り機導入
12月ショットブラスト更新
平成16年 (2004)5月砂処理塔と砂処理設備更新
8月材料予熱装置、型自動倉庫設置
平成18年 (2006)8月関工場操業開始
平成20年 (2008)5月本社機能を関工場に移転
各務原工場を関工場へ移転
平成23年 (2011)3月ISO14001:2004認証取得
平成24年 (2012)11月岐阜工場操業停止 関工場へ統合完了
平成28年 (2016)1月ベトナム工場 テスト操業開始