丹羽鋳造株式会社

設備案内

製造工程

造型

鋳物は、高温で溶かした金属を型に流し込み、製品を造りますが、その高温に耐え得る鋳物用の型を「鋳型」と呼び、鋳型を作ることを「造型」と呼びます。 造型された鋳型はラインへ送られ、「注湯」を待ちます。

●造型作業

製品の形を作るための型(主型)を造型機にセットし、造型機のボタン操作をして鋳型を製作します。 製品の中には、「中子(ナカゴ)」と呼ばれる鋳物の内部に空洞部分を造る砂模型が必要です。中子をセットし、不具合が無いことを確認して鋳型を製作します

●段取り

翌日の生産予定されている製品の主型を、自動倉庫から出して型の損傷有無を点検し、製造ロット文字を貼付けます。


●保全・点検

造型機、注湯・冷却ライン、砂処理設備などの点検と修理をします。