丹羽鋳造株式会社

設備案内

製造工程

ショット

鋳型に注湯された溶湯は、冷却され鋳物に形を変えます。鋳型と鋳物を分けることを解枠と呼び、冷却ラインから解枠されて出てきた製品は、溶湯の熱で焼けた砂で覆われています。 その砂を除去、清掃するための機械をショットブラストと言い、その機械操作と機械から出てきた製品の堰折り(製品と製品でない部分を分離する)と製品の仕分けをするのが「ショット」です。

●マシン操作

  ショットブラスト機の運転操作です。

●堰折り

品質の高い製品を生産するためには、溶湯の凝固収縮による欠陥を防ぐための押湯が付いています。製品と押湯とをハンマーや油圧式の機器を使って分離します。


●製品仕分け

ショットブラスト機から出てきた各々の製品を区別して容器に入れ、混ざらないようにします。 また、押湯を材料として再利用するため、専用の容器に入れます。

●保全・点検

ショット機や冷却ラインの点検、修理です。